AAC

完璧なペア—AACSDKと最先端のナチュラルオーディオエンコーディング

最大7.1のマルチチャネルオーディオをサポートするAACおよびHE-AAC用のソフトウェア開発キット(SDK)

Advanced Audio Coding(AAC)とHigh-Efficiency Advanced Audio Coding(HE-AAC)は、自然なオーディオコーディングの「最先端」を表しています。 MainConcept ® AACエンコーダーおよびデコーダーSDKは、AAC LC、HE v1、およびHE v2オーディオの高速で高品質のエンコードとデコードを提供し、これらの並外れたオーディオ形式のサポートを既存のアプリケーションに簡単に追加できるようにします。最大7.1のディスクリートチャンネル。ファイルベースのユースケースに最適なMainConceptAACエンコーダーに加えて、SDKには適応ビットレートストリーミング形式用に最適化されたフラウンホーファーAACエンコーダーも含まれています。

AACは、第3世代パートナーシッププログラム(3GPP)、デジタルラジオモンディアルコンソーシアム(DRM)、インターネットストリーミングメディアアライアンス(ISMA)、Bluetooth Special Interest Group、衛星ベースのXMなどの主要な標準化団体に採用されています。ラジオ、日本電波産業会(ARIB)、その他多数。

ドキュメント
AAC SDK Datasheet
  • 製品のハイライト
  • 関連製品

製品のハイライト

エンコードでサポートされている形式
  • AAC LC
  • AAC HE
  • AAC-HEv1
  • AAC-HEv2 audio
  • ISO / IEC13818-7準拠のストリーム
  • 最大7.1チャネルのISO / IEC14496-3準拠ストリーム

注:
AACはMainConcept AudioSDKでも利用できます
デコードでサポートされている形式
  • AAC LC
    AAC HE
  • AAC-HEv1
  • AAC-HEv2 audio 
  • ISO / IEC13818-7準拠
  • 最大7.1サラウンドチャネルのISO / IEC14496-3準拠ストリーム

標準準拠

エンコーダーとデコーダーは、MPEG-2(ISO / IEC 13818-7)およびMPEG-4(Amd.1:2003 – AAC HE v1およびAmd.2:2004 – AAC HEv2を含むISO / IEC 14496-3)に準拠しています。 AAC LC(低複雑度)、AAC HE v1、およびAAC HEv2のサポートを含むAACオーディオストリーム仕様。

複数の出力フォーマット

RAW(ヘッダーなし、MP4ファイル形式への多重化に使用)、ADTS(オーディオデータトランスポートストリームヘッダー、スタンドアロンAACファイル)、LOAS / LATM(MPEG-2ストリームへの多重化に使用)などの一般的な出力形式のサポート。

enjoying-surround-sound

最大8チャンネルのサラウンドサウンド

AACのバージョンに応じて、さまざまなチャネルレイアウトのエンコードとデコードは、モノラル、ステレオ、5.1から7.1までの範囲で、完璧なAACエクスペリエンスを実現します。

製品

AACエンコーダSDK
AAC LC、AAC HE、AAC H Ev1、およびAAC HEv2オーディオでストリームを生成します。
AACデコーダーSDK
AAC LC、AAC HE、AAC HE v1、AAC HEv2オーディオでストリームを再生します。
bg-two-people-table-unsplash

一緒に何かを作りましょう