scte-35-sdk_color_07

MainConcept HDR変換SDKは、PQ / HDR-10からHLG、HLGからPQ / HDR-10およびPQ / HDR-10からSDRへの変換を可能にする柔軟なハイエンドHDR(ハイダイナミックレンジ)ルーチンを提供します。 HDR変換は、VODとライブ制作シナリオの両方を対象としています。パフォーマンスは、最小限のCPU使用率で4K60ライブ変換用に調整されています。このエキサイティングな機能により、デュアルストリームカメラやビデオミキシング機器を必要とせずにHDRライブワークフローが可能になります。これは、HDRに移行する小規模な制作会社にとっては大きなコスト節約になります。このパッケージは、BT.2020からBT.709またはBT.601への色域変換も可能にします。

HDR変換SDKを使用すると、すべてのHDRフレーバーのコンテンツを生成するために高価なハードウェアを必要とせず、一度だけ記録して多くの変換を行うため、ライブHDR制作の労力とコストが大幅に削減されます!もちろん、HDR Conversion SDKでは、配信とコンテンツ配信のためのオフライン変換も可能です。

主な機能

3

高ダイナミックレンジ(HDR)変換

HDRフレーバーHLGとPQ / HDR-10を瞬時に変換して、ライブ送信またはファイルエンコーディングで異なるソースをミキシングおよびマッチングします。

1

SDRダウンコンバージョン

HDRコンテンツをあらゆる生産環境にシームレスに統合できるように、PQ / HDR-10からSDRに変換するか、BT.2020からBT.709色域に最高品質のダウンスケーリングで変換することにより、SDRワークフローでHDRコンテンツを再利用します。


ライセンス可能製品

HDR Conversion SDK PQ / HDR-10からHLG、HLGからPQ / HDR-10およびPQ / HDR-10からSDR処理の変換ルーチン。

デモSDKリクエスト

 

評価無料 60日間無料サポート 無料のベンチマークデータ

 

今すぐお問い合わせください