scte-35-sdk_color_12

優れたコンテンツには、できるだけ幅広い視聴者にリーチするための優れた配信メカニズムが必要です。携帯電話から8Kテレビまで、さまざまなデバイスには、さまざまな形式とさまざまなコーデックが必要です。 MainConceptのOTT Content Creation SDKを使用すると、VOD、ライブ、または超低遅延のコンテンツを、あらゆるデバイスに配信できます。豊富な機能セットにより、多言語およびマルチ字幕のすべての要件に対応できます。複数のオーディオコーデックは、コンテンツの権利所有者の要件を満たし、再生デバイスとの互換性を確保します。

CMAFを使用してライブコンテンツを配信できるようになり、放送に近いエンドツーエンドのレイテンシを実現し、すべての視聴者にライブに近い体験を保証します。

主な機能

2

CMAF低遅延

アダプティブビットレートストリーミングのすべての機能を保持したまま、サーバー(またはCDN)へのチャンクアップロードでCMAF低遅延を使用して、コンテンツ配信をできるだけライブエッジに近づけます。複数の音声言語、複数の字幕-配信が大幅に高速化されました。

2

HLSおよびMPEG-DASH

HTTPライブストリーミング(HLS)またはMPEG-DASHフォーマットのいずれかを使用して、コンテンツを任意のデバイスに配信します。フラグメント化されたMP4(fMP4)メディアとフォーマット固有のプレイリストを使用して、両方のフォーマットに同じコンテンツを再利用します。


ライセンス可能製品

OTT多重化およびパッケージングSDK このパッケージをMainConcept AVC / H.264またはHEVC / H.265エンコーダーSDKと組み合わせて、MPEG-DASH、HLS、またはCMAFストリーミング用のファイルを生成できます。完全なアダプティブストリーミングセットを作成するためのメディアプレイリストマスタープレイリストを生成するコンポーネントが含まれています。低遅延、ライブおよびVODモードがサポートされています。

関連性のあるコンテンツ

デモSDKリクエスト

 

評価無料 60日間無料サポート 無料のベンチマークデータ

 

今すぐお問い合わせください