webASM1_03

OTTおよびオンラインコンテンツの需要と可用性の増加により、一般的なインターネットブラウザーでの再生は、Webベースのアプリケーションにとって不可欠な機能になっています。ネイティブビデオデコードは現在HTML5によって駆動されていますが、HEVC / H.265のサポートが現在欠落しているため、オンライン配信のためにこのエキサイティングな形式を処理することは困難です。

この問題を解決するのに役立つソリューションは、WebAssembly、別名WebASMまたはWASMです。この規格により、システム管理者がしばしば拒否するサードパーティ製のブラウザプラグインに依存することなく、ビデオデコード機能を備えたWeb製品を作成できます。一方、WASMを使用すると、ユーザーはGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、Apple Safariで実行されるJavaScript(JS)ベースの自己完結型アプリを開発できます。

Chrome、Firefox、Edge、またはSafariのワークフローでHEVC / H.265のプレビュー、再生、編集、または監視が必要な場合、MainConcept®WebASM HEVC Decoder SDKが最適な製品です。業界をリードするMainConcept HEVC DecoderがWASMで利用できるようになったため、ユーザーはすべてのシステムまたはモバイルデバイス、およびWebAssemblyをサポートするすべてのインターネットブラウザーでH.265ビデオデコードを特徴とする強力なブラウザーアプリを開発できます。 WASMバイナリ形式の性質により、MainConcept WebASM HEVCデコーダーは特定のハードウェアに依存しません。

MainConcept WebASM HEVC Decoderは、最大4:4:4までの多くの8ビット、10ビット、および12ビットプロファイルをサポートする強力なクロスプラットフォームデスクトップ対応製品と同じ機能セットを提供します。 MainConcept WebASM HEVC Decoder SDKには、アプリにすばやく統合するためのすぐに使用できるJSサンプルも含まれています。


主な機能

1

高ダイナミックレンジ(HDR)処理

公式のSMPTE仕様に概説されている精度要件を完全に満たしています。 マルチスレッドで最適化されています。あらゆるオペレーティングシステムで驚くべきスピードを実現します。

1

デコードプロファイルの大規模なセット

4:2:0 8ビット(メイン)、4:2:0 10ビット(メイン10)、4:2:0 12ビット(メイン12)など、MainConcept HEVCデコーダーの多くのプロファイルのサポート4:2:2 8ビット(メイン4:2:2)、4:2:2 10ビット(メイン4:2:2 10)、4:4:4 10ビット(メイン4:4:4 10)、4:4:4 12ビット(メイン4:4:4 12)、およびすべてのネイティブプログレッシブまたはインターレース。


ライセンス可能製品

WebASM HEVC Decoder SDK WASM用のスタンドアロンHEVC / H.265デコーダー。すぐに統合できるすぐに使用できるJSサンプルを含みます。

関連性のあるコンテンツ

HEVC/H.265 Codec SDK


デモSDKリクエスト

 

評価無料 60日間無料サポート 無料のベンチマークデータ

 

今すぐお問い合わせください