avc-sdk_color_06

AVC / H.264は間違いなく今日のナンバーワンのビデオコーデックです。 AVC / H.264は、モバイルデバイス、4Kまたは8Kテレビセットに純粋な品質のビデオを配信するか、プロのコンテンツ取得およびポストプロダクションで使用することを目的としており、成熟したコーデックの比類のない互換性と堅牢性を提供します。

MainConceptのAVC / H.264 SDKはコーデック自体と同様に柔軟性があり、OTTエンコーディングおよびブロードキャストの超高速で堅牢な操作、CMAFで使用するための低遅延オプション、およびPanasonic AVCなどのプロ用ビデオカメラフォーマットのブロードキャストプロファイルサポートを提供します-クラス50、100、AVC-Ultra(AVC-I 200)、Sony XAVCおよびXAVC-S準拠のコンテンツ。

H.264規格への最近の追加により、HDR機能が追加され、最大8Kの解像度が拡張されました。オプションのアドオンSVR360を使用すると、360 / VRアプリケーション向けに実質的に無制限の解像度で球体をエンコードできます。

GPUアクセラレーション

同じAPIで便利に利用できるIntel®Quick Sync Videoを使用したハードウェアベースのエンコーディングは、オプションでライセンスを取得できます。 Intel®Core™プロセッサに組み込まれたエンコーディングテクノロジーを使用すると、ビデオエンコーディングが大幅に高速化され、重いビデオタスクからCPUの負荷が軽減されます。 MainConcept AVC / H.264 Video Encoder APIへのシームレスな統合により、ソフトウェアとハ​​ードウェアの両方のエンコードモードをお客様のアプリケーションに統合できます。

主な機能

事前設定されたエンコーディングプロファイル

最も一般的な、すぐに使えるエンコーディングテンプレート。DASH-264、Apple HLS、HTML5、Adobe Flashなどのストリーミングフォーマット、およびSony XAVC、XDCAM、およびPanasonic AVC-Ultraを搭載したプロ用ビデオカメラ。多くの消費者用、業務用、および放送用AVC/H.264フォーマットのリアルタイムデコード。

2パスエンコーディング

最高品質のコンテンツを生成するための2パスエンコーディングのサポート。 パフォーマンスよりもブロードキャスト品質が主な要件であるユースケースに適しています。

UHD、8K、HDR

AVC/H.264仕様のレベル制限内で4K以上の拡張解像度エンコード。 HDR-10に完全に準拠し、鮮やかな画像を再現するHLGまたはPQトランスファーカーブとSMPTE 2086スタティックメタデータを使用することで、コントラストおよび色再現性が向上されました。

1

ハードウェアベースのエンコード

ハードウェアベースのAVC / H.264エンコーディングは、Intel®CPUと互換性があります。第3世代Intel®Core™プロセッサーから始まり、MainConceptの有名なAPIを使用して新しいものになります。

SVR360

AVC/H.264の解像度限界を超えて、360/VRスフィアを実質的に無制限の解像度でエンコードして、投影方法や表示装置のズームレベルに関係なく、可能な限り最高の品質を視聴者に送信します。

AVC/H.264スマートレンダリング

オプションのMainConcept Smart Render Packageには、フレーム単位の編集、カット、スマートコピーのためのAVC/H.264スマートレンダリング機能を提供するエンコーダーラッパーコンポーネントが含まれています。

ストリーム解析API

AVC/H.264デコーダーでのVESA APIのサポート。バッファ、ピクチャ、スライス、マクロブロックレベルなど、ISO/IEC 14496-10仕様に基づくストリームパラメーターの詳細な分析を可能にします。

AVC / H.264 SDKデータシート

利用可能なパッケージとそれらに含まれるコンポーネントの詳細情報と機能セットの概要。

データシートをダウンロードする

ライセンス可能製品

AVC/H.264エンコーダーSDK AVC Video Encoderパッケージ。関連するオーディオおよび多重化コンポーネントを使用して、最大4:2:0 8ビット、最大レベル5.2(4K60)までのAVCベースのメディアを作成し、Blu-rayなどのMPEG-2 TSベースのフォーマットまたは非断片化されたMP4ベースのフォーマットとMOVなどのフォーマットをサポートします。
AVC/H.264エンコーダーSDKブロードキャスト 最大4:2:2 10ビット(プラス4:2:0 8ビット)、最大レベル6.2(8K)までをサポートするAVCビデオエンコーダーパッケージ、およびMPEG-2トランスポートストリーム、、MP4 / MOVベースのフォーマットとP2やXAVCのようなMXFフォーマットを含むフォーマット用の関連オーディオおよび多重化コンポーネント。
Intel Quick Sync Video用のAVC / H.264エンコーダーSDK AVC / H.264 Video Encoder SDKへのオプションのアドオンにより、CPU使用量を大幅に削減した高速ビデオエンコーディングが可能になります。
AVC/H.264デコーダーSDK AVC Video Decoderパッケージ。最大4:2:0 8ビットビデオ、最大レベル5.2(4K60)までと、MPEG-TSまたはMP4/MOVを使用するフォーマット用の関連オーディオおよび逆多重化コンポーネントをサポートします。
AVC/H.264デコーダーSDKブロードキャスト AVC Video Decoderパッケージ。最大4:4:4 12ビットビデオと、MPEG-2トランスポートストリーム、MP4/MOV、およびXAVC、P2などのMXFを使用するフォーマット用の関連するオーディオおよび逆多重化コンポーネントをサポートします。
AVC/H.264スマートレンダリングSDK AVC/H.264エンコーダーSDKおよびAVC/H.264エンコーダーSDKブロードキャスト用のアドオンパッケージ。フレーム単位の編集、切り取り、およびスマートコピー機能を提供し、AVC/H.264ソースコンテンツの変換を高速化します。
SVR360 AVC/H.264エンコーダーSDKブロードキャストのアドオン機能ライセンス。事実上無制限の解像度でエンコードでき、特に360/VRアプリケーションのニーズを満たすように設計されています。

関連性のあるコンテンツ

OTT Content Creation SDK

参考文献

PlayBox Technologyのケーススタディ

PlayBox Technology Ltd.は、MainConceptのHEVC/H.265、AVC/H.264、MPEG-2、およびDVCPRO HD Decoder SDKをCaptureBox NeoおよびAirBox Neoソリューション内でライセンス供与しています。市場で実証済みのコーデック技術に加えて、AirBox NeoはMainConceptのSCTE-35 SDKを使用して動的広告マーカーを迅速にMPEG-2トランスポートストリームに挿入しています。

ケーススタディをダウンロード

1

1

FXHOMEのケーススタディ

HitFilm Proは印象的なビデオエディターです。3Dコンポジターは、映画制作者やモーションアーティスト向けに、幅広いフォーマットをサポートしてノンリニア編集ソリューションとレイヤーベース合成や視覚効果を組み合わせています。そのフォーマットには、ビデオ用にAVC/H.264、MPEG-4 Part 2、MPEG-1/2、DVおよびDVCPROがあり、オーディオ用にはAAC、AMR、PCM、WMA、MPEG、およびドルビーデジタル(AC-3)などがあります。

ケーススタディをダウンロード

5

デモSDKリクエスト

 

評価無料 60日間無料サポート 無料のベンチマークデータ

 

今すぐお問い合わせください