Apple ProResは、放送業界で使用されている確立された中間フォーマットです。 その高解像度機能と幅広いクロマサンプリングサポートにより、世界中の多くの施設でコーデックとして選択されています。 Apple ProResはmacOSコンピューターでネイティブにサポートされており、QuickTimeを介してWindows PCで使用できました。

現在、Apple ProResは一般的なApple形式からSMPTE承認文書(RDD-36)に変換されており、MainConceptはこのエキサイティングな形式をアプリケーションにネイティブに追加できるDecoder SDKを導入しています。

Apple ProRes Videoは通常QuickTime(MOV)コンテナーにラップされますが、別の最近のSMPTEドキュメント(RDD-44)でProResをMXFに埋め込むことができます。 Apple ProRes用MainConcept Decoder SDKは、すべてのフレーバーのProResをシームレスに統合し、可能な限り幅広くサポートするために、ファイル形式とElementary Streamsの両方をサポートします。 HDR(ハイダイナミックレンジ)をサポートするために、Apple ProResのMainConcept Decoderは、専用のHDR-10、HLG、およびPQ-10データ構造を満たします。さらに、デコーダーは、リアルタイムPQ / HDR-10からHLG、HLGからPQ / HDR-10およびPQ / HDR-10からSDRへの変換を可能にするいくつかのHDR処理アルゴリズムを提供します*。

すべてのMainConcept SDKと同様に、Apple ProResのDecoder SDKはWindows、macOS、およびLinuxで利用可能で、オンプレミスおよびクラウドで効率的なApple ProResワークフローを有効にします。

* HDR変換はオプション機能です。


主な機能

1

フル精度で最適化

公式のSMPTE仕様に概説されている精度要件を完全に満たしています。 マルチスレッドで最適化されています。あらゆるオペレーティングシステムで驚くべきスピードを実現します。新しい非同期I / Oモードは、出力画像の処理に時間がかかる場合に速度を上げたり、待ち時間を短縮したりできます。

1

MOVおよびMXFコンテナ

IMFベースのワークフローで使用されるRDD-44準拠のMXFファイルと同様にMOVおよびMP4フォーマットをサポートします。

1

高速プロキシデコーディング

必要に応じて、デコーダーは、プロキシ再生または低解像度プレビュー向けに、向上した性能を有する、それほど厳しくないデコーディングアルゴリズムを使用するように調整することが可能です。

6

高ダイナミックレンジ(HDR)処理および変換*

SMPTE 2086マスタリングディスプレイメタデータとMaxFALL、MaxCLLを含む、SMPTE 2084ベースのHDR-10のシグナリング。 HLG転送特性は、ITU-R BT.2100-1に従って通知されます。デコーダーは、リアルタイムPQ / HDR-10からHLG、HLGからPQ / HDR-10、およびPQ / HDR-10からSDRへの変換を可能にするいくつかのアルゴリズムも提供します。

* オプション機能


ライセンス可能製品

Apple ProResのデコーダーSDK Apple ProResおよび付随する逆多重化コンポーネント用のデコーダー。MOVまたはMXF(RDD-44)コンテナーからProResエンコードされた素材を取り込むことができます。
Apple ProResのデコーダーのHDR変換 PQ / HDR-10からHLG、HLGからPQ / HDR-10およびPQ / HDR-10からSDRへの変換を可能にするアドオン機能。

デモSDKリクエスト

評価無料 60日間無料サポート 無料のベンチマークデータ

今すぐお問い合わせください